「最後心 (さいごしん)」の心構え――思うだけで効用がある、心のシフト術

最後心とは、

「今日が人生最後の日になる」という

意識だそうです。

この最後心を持って生きることで

人生はポジティブですばらしいものになる

ということを伝えたくて本書を出版したそうです。

 

人生本当に何があるかわかりません。

「今日を最後の日と考えることで

時間の大切さがわかる」

とあるのですが、正にその通りです。

誰だって人生は有限です。

私だって時々過去のことを恨んだり、

今日職場であったことに腹を立てたりします。

解決したことであってもです。

そんな時は意識的に

「こんなことしている時間はないのだ」

と言い聞かせています。

 

見開き2ページで

一つの言葉が紹介されています。

各章の冒頭に四コマ漫画が掲載されており

読みやすいです。

「迷いを一瞬で消せる」とありますが、

確かに 今日が人生最後の日、と思えば

一日の過ごし方が変わります。

そして、人生が変わるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です